結婚式を絶対に成功させるコツ|指輪やドレスはこうして選ぶ

 

出費する費用について把握

婚約指輪の金額について

婚約指輪とは、結婚を約束した男性が記念として女性に贈る指輪のことです。以前は指輪の購入金額は、月給の3ヵ月分だと耳にした人も多いのではないでしょうか。贈る側にとっては大きな金額で、婚約指輪が持つ意味を重いものとしていました。そんな婚約指輪ですが、近年は購入しないカップルも増えてきています。普段する機会が少ない高額な指輪にお金をかけるより、他のものにお金をかけようとするカップルが増えています。その一方で、婚約指輪が持つ意味を重要視するカップルは、今も存在します。ただ、指輪の金額は月給の3ヵ月分ではなくなってきています。以前よりも指輪にかける金額は少なくなっていますが、金額よりも指輪の持つ意味が重要だといえます。

変わりつつある指輪の存在

ひと昔前の夫婦が結婚するまでの流れは、結納を交わし結婚式を挙げることが一般的でした。結納を執り行うにあたり、必要となってくるものが婚約指輪です。婚約指輪は、結婚を約束した証とされていたのです。しかし近年は、結婚するまでの流れが変わってきています。結納を行わないカップルもおり、婚約指輪は必ず必要なものではなくなってきています。また当時の結婚というものが、本人同士のことであるよりも、家同士が行うものというイメージが強くありました。近年は、家よりも本人同士の意見が尊重されるようになってきています。ですので、婚約指輪の有無も本人同士が決めるようになり、購入しない選択をするカップルもいます。このように、時代の変化とともに婚約指輪のあり方も変化してきています。

Copyright(c) 2015 結婚式を絶対に成功させるコツ|指輪やドレスはこうして選ぶ